ホーム < 指導者資格について < キャンプディレクター

$sfKeyword$

日本キャンプ協会では、キャンプの指導だけでなく、キャンプを通して個人が成長することを支援できる指導者を養成してきました。これからも時代のニーズに応えながら、参加者とともに学び、成長していく姿勢を持った質の高いキャンプ指導者を全国規模で養成していきたいと考えています。
キャンプインストラクターからのステップアップとして、キャンプディレクター2級とキャンプディレクター1級があります。


キャンプディレクター2級養成講習会

キャンプ指導者としての経験を積んでくると、キャンプの奥深さにさらに気づくことができます。
キャンプディレクター2級養成講習会は、キャンプのねらいに沿ったプログラム運営ができるよう、キャンプにかかる実務的な部分をを学ぶことができる講習会です。
講習会は、40時間の通信講座(事前レポート)と20時間(2泊3日程度)集合研修で行われます。

▼キャンプディレクター2級カリキュラム
 キャンプディレクター1級・2級共通(キャンプとは)
 キャンプディレクターの役割とキャンプカウンセリング
 プログラムの安全管理
 プログラムのマネジメント(企画・運営・評価・改善)

※キャンプディレクター2級養成講習会を受講するためには、キャンプインストラクター取得後に、アウトドア活動参加経験2回以上と1泊以上のキャンプ指導経験1回以上の受講要件を満たす必要があります。また試験合格後、資格登録にはキャンプインストラクター取得後BUC参加が1回、登録手続きが必要です。登録にかかる費用:10,000円(内訳:受験料3,000円、公認料5,000円、登録料2,000円)

キャンプディレクター2級養成講習会スケジュールはこちら


キャンプディレクター1級養成講習会

キャンプディレクター1級指導者は、・地域社会の中で、諸機関と連携してキャンプへの関心を高める様々なキャンプムーブメント推進活動を企画・運営できる指導者として養成されます。キャンプディレクター1級になるとキャンプインストラクター、キャンプディレクター2級の養成ができます。ただし資格養成ができる課程認定団体に所属する必要があります。現在約1,000人の指導者が全国で活躍しています。
講習会は、44時間の通信講座(事前レポート)と36時間(2泊3日)の集合研修で行われます。
※2014度より集合講習の日程が2泊3日に短縮し、受講しやすくなりました。


▼キャンプディレクター1級カリキュラム
 キャンプディレクター1級・2級共通(キャンプとは)
 キャンプと社会
 キャンプの安全管理
 キャンプのマネジメント
 キャンプ指導者の研修と養成

※キャンプディレクター1級講習会を受講するためには、キャンプディレクター2級を取得後、1泊以上のキャンプ指導経験2回以上という受講要件を満たす必要があります。
※キャンプディレクター1級の取得には、講習会を修了後、1泊2日の検定会に参加し合格する必要があります。また検定合格後、資格登録には、キャンプディレクター2級取得後のBUC参加(2回)の登録手続きが必要になります。登録にかかる費用:8,000円(内訳:公認料5,000円、登録料3,000円)
※受検ができる期限は講習修了後、講習受講年度を含め4年度まで。検定会は例年1月か2月に実施します。
 例)2016年11月受講⇒2019年度検定会まで受検可能 

キャンプディレクター1級養成講習会詳細はこちら