ホーム < 指導者資格について

$sfKeyword$


公益社団法人日本キャンプ協会公認指導者資格

キャンプは世代にかかわらず、誰もが楽しめる活動です。自然の中での活動を楽しく安全に過ごすには、良質な指導者の存在が欠かせません。日本キャンプ協会では、キャンプをより多くの人に楽しんでもらえるよう、指導者の養成に取り組んでいます。
日本キャンプ協会の認定する指導者の資格には、以下の3つがあります。






キャンプインストラクターは、キャンパーとじかに接しながら、プログラム等の指導を行う役割を担うことができる指導者として認められる資格です。
講習会では、キャンプの意義やキャンプの安全について学ぶとともに、実際にキャンプのプログラムを体験しながら、プログラムの指導についても学びます。

この資格の講習会は、都道府県キャンプ協会や、課程認定団体により全国で行われています。
最新の講習会スケジュールは、キャンプインストラクター養成講習会情報をご覧ください。
※大学・専門学校等の授業にて資格取得ができる課程認定団体はこちら




キャンプディレクター2級は、(キャンプディレクター1級指導者の指導の下)キャンプの企画、運営、評価を行い、キャンプに必要な実務的マネジメント担うことができる指導者として認められる資格です。
この資格の講習会では、キャンプでのプログラムやリスクについてのマネジメントを学ぶとともに、ディレクターとしての姿勢や他のスタッフへのスーパービジョンについても学びます。

この資格の講習会は、都道府県キャンプ協会や、課程認定団体により全国で行われています。
最新の講習会スケジュールは、新着情報欄よりキャンプディレクター養成講習会情報をご覧ください。
※大学・専門学校等の授業にて資格取得ができる課程認定団体はこちら




キャンプディレクター1級は、キャンプ事業全体をマネジメントし、スタッフへのスーパーバイズ、組織運営を担うことができる指導者として認められる資格です。
講習会では、最高責任者としての役割を担うために必要な安全管理やキャンプ全体のマネジメントに必要な事柄に加え、キャンプの提供者として必要な社会的資産としてのキャンプの価値や、キャンプを取り巻く社会情勢、そして後に続く指導者の養成についても知識を深めていきます。

この資格の取得のためには、日本キャンプ協会が主催する講習会と検定会に参加し、また合格する必要があります。それぞれ年1回程度の開催です。




日本キャンプ協会公認キャンプ指導者3つのポイント

・述べ12万人の指導者を養成した独自のカリキュラムにより、公認指導者はキャンプのスキルはもちろん、キャンプや集合型研修の強みや効果、参加者への対応、リスクマネジメンなどについての知識を持っています。
そのような指導者がいることで、より目的にあった、充実し、安全なプログラムを行うことができます。
・公認指導者が指導する事業では、キャンププログラムに最適化された割安で手厚い傷害保険を利用することができます。(※詳しい内容は保険案内をご覧ください。)
・万が一重大な事故があった場合、公認キャンプ指導者には日本キャンプ協会が指導者賠償責任保険をかけていますので、指導者に責任があると認められた損害への賠償にかかる費用について、保険からお支払することができます。(※適用には条件がございます。)


日本キャンプ協会公認キャンプ指導者へのサービス(一部紹介)

日本キャンプ協会の会員として登録されますと、下記のようなサービスを受けることが出来ます。
(日本キャンプ協会公認キャンプ指導者は全員日本キャンプ協会の会員としての登録が必要です。)

(1)キャンプに関する情報の提供
・会報誌CAMPINGの送付(隔月/全会員向け)
・キャンプ研究の送付(年1回/ディレクター1級、2級向け)
・Facebookグループ「会員のひろば」への参加資格(全会員向け)
・日本キャンプ協会、各都道府県キャンプ協会が開催する事業への会員価格での参加(設定があるもののみ)

(2)特別価格かつ手厚い補償の各種保険の利用と、万が一の備えの提供
・キャンプ保険(旅行傷害保険)、デイプログラム保険(レクリエーション保険)の利用資格(指導者会員向け)
・指導者賠償責任保険の適用(指導者会員向け)

(3)関係団体からのサービス
・ユースホステル協会団体パスの発行資格
・スポーツオーソリティ優待販売





大学・専門学校等でキャンプインストラクターの養成が行えます。


公益社団法人日本キャンプ協会では、キャンプインストラクター資格を学校の授業や団体の講習等と連動してカリキュラムを実施し、資格を発行できる「課程認定団体制度」を設けています。資格の取得を希望する学生等が、各自で講習会を受講しに行く必要がなく、授業の単位、講習やスタッフトレーニングとの互換をはかることができ、大変便利です。

課程認定団体の詳細、手続等はこちらをご覧ください。

課程認定団体の概要
課程認定団体申請様式