ホーム < 新着情報

        

$sfKeyword$

     

【参加者募集】日本キャンプミーティング

第21回日本キャンプミーティング
つながる・たがやす・そだてる


2017年6月10日(土) 12:45-17:15
国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟416


b_illust_75_1M.png講演会 16:00-17:15
講師:藤田智さん(恵泉女学園大学教授)

自然と手を入れた自然(園芸)の中で  -人を育てる野菜作り-


キャンプをする場所には、人の手の入らない自然の場所と人の手が入った場所があります。人の手の入った場所は、雑草がなく、作物だけしか育っておりませんが、その中には様々な人間と自然との格闘があります。自然(虫や病気)と戦うことで、野菜が生まれ、さらに人も育ってきます。自然と園芸の両面から野菜を育てること、人を育てることについて、語ります。

講師プロフィール
1959年秋田県湯沢市生まれ。雨ニモマケズの宮澤賢治先生に憧れて岩手大学農学部を目指し、大学院へ進学。現在は恵泉女学園大学人間社会学部の教授として学生達に野菜園芸学、植物育種学、農業教育学などを指導。NHK「趣味の園芸やさいの時間」や日本テレビ「世界一受けたい授業」などのTVにも出演。野菜栽培に関連する著書は100冊を超える。授業やテレビ出演の他にも家庭菜園や市民農園の指導や普及活動などを通じて野菜作りの楽しさを、より多くの人々に知ってもらう活動に取り組んでいる。

b_illust_114_1M.png
Camp Meeting in Japan -日本キャンプミーティング-は、1997年からキャンプの実践報告やキャンプに関係する研究報告、キャンプに役立つアクティビティ紹介などを通じて、さまざまな情報を交換し合う場として開催してきました。第21回目となる本年は、-つながる・たがやす・そだてる-をテーマに、ポスター発表、ワークショップ、講演会、懇親会をおこないます。講演会の講師には、テレビでもおなじみの藤田智先生(恵泉女学園大学教授)にお越しいただきます!
たくさんのご参加をお待ちしています!


CMJ2017.png 発表予定題目一覧
◯ポスター発表 13:10-14:00

【研究発表】
・キャンプにおけるボランティアマネジメントの日本と海外の比較調査
・キャンプにおけるふきだし法の有用性について
・大正時代から昭和時代前期における社会事業の組織キャンプ 
・スペシャルニーズキャンプへのボランティア参加による知的障がい者に対する態度変容
・スペシャルニーズキャンプの学生ボランティアにおける自己効力感の変化
・アウトワード・バウンドを基礎とする冒険教育の現代的意義についての検討

【実践報告】
・キャンプにおけるバーベキュー食材の新たな有効性
・森の幼稚園など自然保育にキャンプの知識と技術をどのように活用するか
・少年サッカーチームを対象とした継続型キャンプの実践事例
・第6回アジア・オセアニア・キャンプ大会(AOCC2016)報告
・大学間交流スキーキャンプの取り組み

【団体紹介】
・スペシャルニーズ・キャンプ・ネットワーク
・出会いと体験の森へ
・北海道キャンプ協会

◯ワークショップ発表 14:05-15:50
・ハチ・ヘビ・マダニ・ヤマビル・毛虫 etc...
 危険生物を楽しく学ぶ 野外教育者のための危険生物クイズ大会!
・キャンプでのクラフト 
・Camp Royall 体験報告
・YMCA三浦ふれあいの村防災ウォークラリーの取り組み
・アイスブレイクのネタ、大交換会!

more.jpgapply.jpg