ホーム < 新着情報

        

$sfKeyword$

     

終了事業【Cafe de CAMP】動きを切り取る撮影法×自然アクティビティ指導法

本回は終了しました。

Cafe de CAMP2016 第2回・第3回*日本キャンプ協会BUC対象事業

Cafe de CAMP
動きを切り取る撮影法
×
自然アクティビティ指導法

動くものをうまく撮れるようになるのか
自然や環境の体験活動を学ぶのか
あなたはどちらを選ぶ?


内 容
cafe0827.jpg
今回は写真と自然体験のセミナーを同時開催します。
「"動く被写体"を撮ることを学ぶのか」、「自然の体験活動を学ぶのか」選択していただきます。
どちらも座学・実技を組み合わせて、「聞いて、実際にやってみる」とても実践的な内容になっています。そして同時開催の醍醐味として、写真コースが自然体験コースの活動している様子を撮影します。

カメラマンになるか、モデルになるか、あなたはどちらを選びますか。

※撮った写真は、日本キャンプ協会50周年記念事業キャンプの魅力フォトコンテストにも応募可能です。
※参加はどちらか一つになります。






講 師
写真コース:渡辺直史さん
写真専門ギャラリーPhoto Gallery Internationalスタッフとして東京都写真美術館等の額装・展示に携わる。その後、山岳写真家助手として世界百名山撮影プロジェクトに参加しエベレストをはじめとするネパールヒマラヤの撮影に同行。
このほか、子どもたちのアラスカキャンプでのスタッフ兼記録カメラマン、アウトドアメーカーpatagonia各直営店でのスライドショー、NPO や行政主催のイベント・セミナーにて写真講座を担当。
 (財)日本アウトワード・バウンド協会主催写真展の監修、ぱしふぃっくびぃなす世界一周クルーズ船上で"アラスカの自然"講座担当など実績多数。
2015 年に Café de CAMP にて写真撮影のセミナーを実施。


自然体験コース:関隆嗣さん
公益財団法人国際青少年研修協会のスタッフとして日本人・在日外国人が一緒に活動する野外活動などの交流プログラムの企画・運営に携わる。また、こうした交流プログラムを支えるボランティアリーダーの養成も担当し、大学生・社会人をはじめとした後進の育成にも力を入れている。
このほか、プロジェクト・ワイルドやプロジェクト・WETなどのパッケージドプログラムに出会い、体験学習法を取り入れたアクティビティの普及にも務めている。
茨城県高等学校教育研究会保健体育部や、NPO法人野外喜び遊び研究所のあばれんぼ自然体験アカデミーにて、パッケージドプログラムを担当。
2015年にCafé de CAMPにてパッケージドプログラムの体験会を実施。




日 程 2016年8月27日(土) 13:00~17:00(受付12:30)
会 場 国立オリンピック記念青少年総合センター
参加費 2,000円(税込) ※当日会場にて

*ご注意事項*
今回のCafe de CAMPでは、写真コースと自然体験コースを平行して行います。参加を希望される方は、どちらかのコースを選択し、お申し込みください。
また、自然体験コースの方は、写真コースの方の被写体となります。撮影した写真についてはキャンプ協会主催のフォトコンテストへの応募、今後の広報等に使用致しますので、ご了承の上お申し込みください。


お申込みはWEBフォームからどうぞ!
http://goo.gl/MQ4aUy

要項はコチラからご覧ください。