ホーム < 話題

        

$sfKeyword$

     

【指導者向け講座情報】広報・安全管理・子どもの心

(1)お金と時間の節約&成果につながる広報 講座 【1月23日(土)】 
パワポで魅せるチラシ作り【10:30-15:30】
忙しい合間を縫ってできる、パワーポイントだけを使ったチラシ作成のノウハウとプレスリリースのコツを、余すところなく伝えていただきます。
講師は、「年間40万人集客する公園」の元 副所長で、現在 セルズ環境教育デザイン研究所 の代表を務められ、人と自然をつなぐインタープリターとしても活躍中の西海太介(にしうみ だいすけ)さんにご担当いただきます。

人を集める写真活用法【16:30-18:30】
企業やNPO・市民団体・学校等の広報担当者が、目指すゴールに向けて写真をどのように活用したら良いのかを、プロ写真家が行っているアプローチ(=目標に至る手順)から学びます。更に、撮りためた写真を有効に再活用する事によって、利用者をファンに、ファンから支援者にしてゆくきっかけをどう作っていくか、についても学びます。
講師は、日本大学藝術学部で写真を学び、世界的な山岳写真家 白川義員氏の助手や写真専門ギャラリーPGI等での勤務経験もあり、 Cafe de CAMPでも講師をしていただいている渡辺直史さんです。

※各回講座10 名 (最小催行人数3名) 先着順に受付

(2)「安全管理マニュアル」作成 3つのステップ(ASM 資格認定)【12月19日(土)】
「安全管理マニュアル」が存在しない状態で、体験活動中に万一大きな事故が発生してしまった場合、事業の継続が困難になることは、おそらく避けられません。
また一方、「安全管理マニュアル」は、"存在することに意義がある" というものでもありません 。ですが中には問題点を抱えたままになっているものも、あるのではないでしょうか。
では"生きた"「安全管理マニュアル」を作成するためにはどうしたら良いのでしょうか...?
そのための3つのステップをご提案するのが本講座です。

※定員10名 先着順に受付

(3)早期教育から自由保育の時代へ-最新の発達心理研究から見えてきた!
   自由保育を勧める4つの理由 【12月12日(土)】
乳幼児そのもの】に着目した発達心理学分野における研究を紐解いてみると、そこには自由保育を後押しする成果が、ここ最近 次々と発表されています。今後、行政との連携はじめ、より多くの保護者に対して自由保育の価値を伝えていく時、【大人側の】思いだけでなく【乳幼児そのもの】に着目したエビデンス(学術研究成果などの根拠)を併せて提示することができれば、思いや熱意に説得力が加わって、自由保育への理解と共感が、これまで以上に(格段に)得られやすくなるのではないでしょうか。
講師は、玉川大学の大学院に籍を置き、今まさにそうした研究の真っ只中に身を置きつつ自らも野外教育団体を立ち上げ、学生を中心に組織した任意団体ながらも地元行政と連携して活躍されている、ちゃれんじゃーきっズ!代表の石川大晃さんにご担当いただきます。

※定員20名 先着順に受付

---------------------------------
4講座共通
会場
 プラムネット株式会社 セミナースペース
 神奈川県横浜市神奈川区沢渡1-2 菱興高島台第3ビル4F
  会場アクセス:JR 横浜駅西口より徒歩 11分(http://www.fieday.net/ac/?page_id=437)
---------------------------------

詳しくは主催者WEBサイトをご覧ください。
http://www.fieday.net/ac/?cat=11