ホーム < 新着情報

        

$sfKeyword$

     

【終了しました】Camp Meeting in Japan2015

Camp Meeting in Japan 2015 
- 第19回日本キャンプ会議 - 

 参加者を募集します
Camp Meeting in Japanは、キャンプの実践報告や研究発表などを通じて、情報交換をしたり、キャンプ実践のヒントを得たりできる、集い(Meeting)です。 第19回目の今年も、口頭発表、ポスター発表、「キャンプのあれこれ発表」(ワークショップなど)を行います。 キャンプの経験や地域の枠を超えて、キャンプや野外活動に興味・関心のある人々の出会う場として、この集いをみなさんで作りあげていきましょう。

 new020_01.png参加申し込み受付期間延長
参加申し込みの受付期間を延長しました。早期割引での参加は終了いたしましたが、まだまだ参加申し込みの受け付けを行っております!
新しい試みが盛りだくさんのCamp Meeting in Japanにぜひご参加ください。


cmj2015flyerpic.jpg
gaiyou.jpg
日時:2014年5月30日(土) 13:00-17:30(予定)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
    (東京都渋谷区)
事前参加申込締切:5月18日(月) 

-Pick Up-
子どもシンポジウム -キャンプで輝く子どもたち- 
 
キャンプの主役は、キャンパーです。今回、初めての試みとして、キャンパーである子どもたちに発表してもらう場を設けます。どんな経験をして、何を感じたか、子どもたちの生の声を聞いてみましょう。


new020_01.png工作体験を通じての安全で正しいナイフ使い方
-ビクトリノッス工作イベンサポープログラム-
世界的に有名なビクトリノックスの会社概要や、ビクトリノックス・マルチツールの使用方針、オーナーズライセンスカードについてのミニレクチャーと、ビクトリノックスの工作キット「ひのきのおやこばし」を使った工作体験を行います。安全なナイフの使い方から箸作りに対してのアドバイス、ツールのメンテナンス、サポートプログラムなど、ビクトリノックスを丸ごと楽しんで知ることができるワークショップです。(定員あり)



※スケジュールの一部訂正を行ないました。
5月18日16時以前にダウンロードされた方は、恐れ入りますが最新版をダウンロードしてください。
(変更箇所:あれこれ発表C1-C2の順番が入れ替わりました)



more.jpg
apply.jpg

発表題目(予定)
<口頭発表>
●サービスラーニング:雪堀り ●Day キャンププログラムの可能性-1 日でも時間に追われず自由をつくる- ●サマーキャンプのヒヤリハット ●スキーキャンプのヒヤリハット ●WEA カリキュラムにおける野外指導スキルの発達 ●キャンプにおける安全指導が参加者の危険認知能力の向上に及ぼす影響 ●クルト・ハーンの冒険教育の現代的意義について ●ASE プログラム導入が集団凝集性に及ぼす影響〜参加学年に着目して〜 ●この木、何の木?-まえばしマイはし・プロジェクト- ●米国キャンプ・オーアトカ(CampO-AT-KA)における日課プログラムの意義と役割-余暇教育としてのキャンプ・プログラム- ●キャンプと災害 ●海ガキ・山ガキになろう! ●あかぎワールドコミュニティ-余暇教育としてのキャンプ・プログラム- ●北海道教育大学岩見沢校における指導者養成 ●キャンプ活動が少年サッカーチームの集団凝集性に及ぼす影響について ●登山の経験によるストレスとコーピングの違いについて
<キャンプのあれこれ発表>
●続・キャンプで使える「手話」表現-目で見てわかるコミュニケーション- ●ハンディ気象観測ツールによるアウトドアリスクマネジメント<実践編> 他
<ポスター発表>
●海ガキ・山ガキになろう! 他