ホーム < 新着情報

        

$sfKeyword$

     

【終了しました】5/24 Camp Meeting in Japan 2014

Camp Meeting in Japan 2014
- 第18回日本キャンプ会議 -

参加者を募集します
 Camp Meeting in Japanは、キャンプの実践報告や研究発表などを通じて、情報交換をしたり、キャンプ実践のヒントを得たりできる、集い(Meeting)です。 第18回目の今年も、口頭発表、ポスター発表、昨年度から設けた「キャンプのあれこれ発表」(ワークショップなど)を行います。 キャンプの経験や地域の枠を超えて、キャンプや野外活動に興味・関心のある人々の出会う場として、この集いをみなさんで作りあげていきましょう。


全体会 - 特別講演- 
 海外のキャンプ事情 日本の状況との比較から
 
講師:金山 竜也 (公社)日本キャンプ協会事務局長
キャンプの姿は、その国の歴史や文化、社会のありかたを反映して、それぞれに大きく異なります。これからの日本のキャンプを考えるヒントとなるような、世界のキャンプの違うところ、似ているところをご紹介します。


日時:2014年5月24日(土) 13:00-19:00(予定)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)
事前参加申込締切:5月12日(月) 事前参加申込みは締め切りました。
                      当日参加は可能です。


発表題目(予定)

<口 頭 発 表>
●日本におけるLeave No Traceの普及の方法について ●大学野外実習が体力・メンタルに及ぼす効果に関する研究 ●ICUジュニアキャンパスキャンプ〜大学施設を使った大学らしい子どもキャンプの実践〜 ●キャンプカウンセラーのユーモア表出が参加者の集団雰囲気に及ぼす効果 ●組織キャンプにおけるLeave No Traceプログラムが参加者の環境に対する態度におよぼす効果 ●「災害時に役立つキャンプスキル」(災害時対策教育プログラム)の実践報告 ●わが国のウィルダネス教育において環境をどのように捉えるか ●関東地区青少年施設連絡協議会青年部会の取り組み〜アメージングガイドができるまで〜 ●環境教育研修inドイツ 報告 ●キャンプの力はこんなところにも!〜ストレス耐性を高める効果〜

<キャンプのあれこれ発表>
●『ハンディ気象観測ツール』によるアウトドア リスクマネジメント ●1分でできるキャンプの評価 ●続・キャンプで使える「手話」表現〜目で見てわかるコミュニケーション〜 ●Frost Valley YMCA Now

<ポスター発表>
●インストラクター養成課程認定校における養成講座の課題 ●キャンプの国際比較 〜その1「日本型キャンプ」をさぐる〜 1-2 日本のキャンプのプログラム ●地域のチカラを活かしたコラボレーション〜通年型農業キャンプ 風っ子ファームの取り組み〜 ●南会津アドベンチャーキャンプの実践と地域連携の可能性

発表スケジュール決定!!こちら をご覧ください。