ホーム < 新着情報

        

$sfKeyword$

     

【グリーフキャンプ・プロジェクト】第1回のキャンプを台湾で行いました

 昨年来、準備を進めていました、東日本大震災に被災された方々を対象とするグリーフキャンプ(悲嘆ケアを含むキャンプ)の最初のキャンプを3月25日から29日の4泊5日の日程で行いました。参加したのは東日本大震災によって両親を亡くした子どもたち10人で、キャンプ経験豊富なスタッフとともに台湾に出かけました。
 台湾オートキャンプ協会、国有林を管理する林務局、国立台湾師範大学の支援を受け、多くの台湾の方々の温かい歓迎に包まれた滞在となりました。飛行機、食べ物、外国の人とのコミュニケーションなど、さまざまな新しいことに挑戦し、思い切り楽しんで、「またね」と再会を約束しました。

 私たちにとっても初めてづくしのキャンプでしたが、日々変化するキャンパーの様子に「キャンプの力」を実感するものとなりました。10人という少人数でのスタートですが、少しずつ人数を増やし、繰り返し行うことで、「安心して戻れる場所」としてのキャンプを作り上げていきたいと考えています。

主催:日本キャンプ協会・日本YMCA同盟・朝日新聞厚生文化事業団
※このキャンプは朝日新聞厚生文化事業団に寄せられた寄付金を用いて実施されました。

 このキャンプの様子は、次号「CAMPING」等でご紹介します。